円満な相続を実現するなら札幌相続遺言センターがお力になります。

遺言書の作成から保管・執行業務まで万全のサポートをお約束します。

セミナー情報
無料相談・お問い合わせ

遺言書の作成

円満な相続を実現する遺言書の作成をサポートします!!
遺言書作成

 最近、終活ブームもあって遺言書を作成する方が増えております。
 それは、「自分の遺産相続がきっかけで、残された家族がばらばらになってしまうのを防ぎたい」「円満な相続を実現したい」と考えてのことだと思います。
 しかし、私たちのところに持ち込まれる遺言書の中には、遺言の内容を実現するのが困難なものや、遺言に不備があり、遺言自体が無効なものも多数あります。また、せっかく公正証書遺言を作ったのに、内容が不十分なため、遺産分割調停が申し立てられて、紛争に発展したケースもありました。
 とりあえず遺言を書いておけば、それで安心というわけではありません。

相続サポート

 手書きの遺言(自筆証書遺言)は、法律で定める要式を満たさなければ、せっかく書いた遺言も無効となってしまいます。また、ご本人(遺言者)が亡くなった後には、遺言の内容を説明することは出来ませんので、誰が読んでも一通りの解釈しかできない遺言をつくることが重要です。その他、ご本人が亡くなった後に誰が遺言の内容を実現するのか、遺留分にはどのようかたちで配慮したらよいのか・・・・・・等
 揉めないための遺言書を作成するには、このように、いくつかのポイントがあるのです。当事務所では、公正証書遺言の作成のサポートから、遺言書の

保管・アフターサポートのほか、遺言執行業務まで取り扱っており、遺言に関するサポートは万全です!
 皆さまのご家庭が円満な相続を実現できるように、無料法律相談を実施しております。相続・遺言ことでお悩みの方は、お気軽に無料相談をご利用ください。

遺言書の作成は,当事務所にお任せください

お客様のニーズに合った遺言書の作成をサポートします!

 お客様によって資産構成や家族構成は様々です。遺留分対策が必要な方,不動産の換価分割をご希望される方,その他,民事信託の設定や認知症対策をしたい方など,お客様のニーズに合わせて遺言書の作成をサポートします。当事務所は,相続アドバイザー(NPO法人相続アドバイザー協議会認定),財産管理マスター(一般社団法人日本財産管理協会認定),の資格をもった司法書士が在籍し,様々なニーズに対応することができます。
 また,相続税対策が必要な方については,税理士と連携して相続税も考慮した遺言書の内容にすることもできます。

遺言執行者として遺言書の内容を実現します!

 遺言書を書いたご本人(遺言者)が亡くなった後、自動的に遺言書の内容が実現するわけではありません。遺言書の内容に従って不動産の名義変更、預貯金の解約や株式の名義変更等の手続を行い、遺言の内容を実現する必要があります。当事務所の司法書士は、遺言執行者の経験が豊富であり、遺言書作成時にお客様から託された「想い」を確実・忠実に実現いたします。

司法書士だから不動産の登記手続も安心です。

 不動産登記手続に不慣れな方が遺言書を作成すると、相続が開始した後に登記手続きができないという事態にもなりかねません。当事務所は、不動産登記の専門家として数多くの登記案件を手がけておりますので、相続財産に不動産があっても安心です。

遺言書の保管やアフターサポートも万全です!

 当事務所では、お客様の遺言書を大切に保管させて頂き、定期的にお客様の生活状況等を確認させて頂いております。それは、遺言書を作成すれば将来の相続の備えは安心ですが、それだけでは万全の対策ではなく、遺言書作成後のアフターサポートも重要だと考えているからです。
 例えば、70歳で遺言書を作成後、90歳でお亡くなりになるまでの間にどのようなことが起こる可能性があるでしょうか?「財産構成が大きく変化するかもしれない。」「あげようと思っていた相続人が先に死亡するかもしれない(予備的遺言でも対応できない)」「認知症になるかもしれない」「判断能力が衰えたがために、自分の親から受け継ぎ、自分の子供達へ承継させるべき財産を、管理しきれずに喪失するかもしない」・・・・・・等、遺言書作成後も様々な問題が起こる可能性はあります。
 場合によっては、遺言書を作っただけでは、自分の遺志を実現できないかもしれないのです。当事務所では、遺言書作成後もお客様をフォローするサービスが充実しています。ご自身の財産を管理できるか心配であれば、任意後見・法定後見などでお客様の財産管理をサポートします。当事務所の司法書士が、後見人等として家庭裁判所と共同作業のもと、お客様の最期の瞬間まで財産の管理をサポートします。また、財産管理をめぐって親族間に対立がある場合は、後見制度に精通し、中立な立場にある弁護士を家庭裁判所に選任してもらうこともできます。当事務所の司法書士は、成年後見人だけでなく保佐人や補助人、さらには成年後見監督人にも就任し、数多くの後見業務を経験しているからこそ、迅速・的確にお客様の財産管理をサポートすることができるのです。
 また、当事務所では「遺言書を作り直したい」という場合も、公証役場での証人立会料のみで、遺言書の作り直しや内容変更に対応しております。遺言書の作成後、「身の回りの状況が変わってしまい内容が合わなくなってしまった」「遺言書の内容を後になって変更したくなった」というご相談にも対応しております。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。