意外と自分では気づかない、遺言書が必要な人のケースをご紹介します。

特に遺言書の作成をおすすめしたいケースも合わせてご覧ください。

セミナー情報
無料相談・お問い合わせ

遺言書が必要な人は、こんな人(遺言書の作成)

遺言書が必要なのは、こんな人
  • 子供のいない夫婦
  • 兄弟間で意向が違う
  • 相続人に行方不明者がいる人
  • 事業を経営している人
  • 内縁の妻がいる人
  • 先妻の子供と後妻がいる人
  • 障害者の子供がいる人
  • 息子の妻に介護の世話になっている人
  • 孫に遺産の一部をやりたい人
  • 相続人がまったくいない人
遺言書作成を特におすすめしたいケース
事業を承継する場合

 事業を承継させたい場合は、株式や事業用の財産を分散させないよう配慮が必要です。
 経営者の方は後継者に株式などを承継させるといった遺言を残しておくといいでしょう。

相続人と音信不通の場合

 遺産分割協議は相続人全員で行う必要があります。
 もし音信不通の人がいる場合、財産管理人などを選任するなど手間と時間がかかります。
 相続人に音信不通なっている人がいる場合は必ず遺言書を作成しておきましょう。

相続権のない人に財産を譲りたい場合

 このような場合には、一般的に「遺贈」という手続きを用います。
 この場合は遺言書が必要になります。また、入籍していない内縁の妻や夫には相続権がないので、財産を譲るためには遺言にその旨を記す必要があります。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。